北陸新幹線の延伸について考える・・・2018.3.28

福井県中小企業家同友会 勉強会のご案内・・・2018.3.28

昨日は越前市の街づくりの計画や構想につきまして

お話をお聞きいたしました。

 

現在、北陸新幹線の終着駅となる〝金沢〟は、

経済効果として大きな成果が上がっています。

数年後には福井県の敦賀市まで延伸させる為に、

現在、金沢から敦賀までの区間において工事が急ピッチで行われております。

それに伴い、停車駅の周辺及び新駅予定地周辺では

様々な計画や構想が持ち上がっているのが現状です。

 

一鯖江市民としては新幹線の延伸は喜ばしい事なのですが、

私自身一つの疑問がございます。

それは、延伸に伴う経済効果の有無です。

確かに人やモノの流れやからすれば利便性は高くなり、

それに伴う経済効果の受益はあるものと思います。

ただ、金沢とは違い、福井駅・越前駅(新駅仮称)の周辺における

見どころ(観光資源・集客イベント・周辺インフラ)が圧倒的に無い事です。

 

例えば福井駅に降り立った場合・・・

駅周辺に観光スポットは何もなく、観光地とされる永平寺・東尋坊・恐竜博物館は

車で1時間近くかかってしまいます。

また、新駅予定とされる越前駅(新駅仮称)の周辺にある

地場産業・・・打ち刃物・越前和紙・越前漆器・越前焼・越前箪笥などを散策するにしても

交通インフラが乏しく、

また、イベント以外の日常における受け手側の対応も不十分なものと。

これではせっかく来ていただいた価値への印象も悪く、

一過性の来県者増えたとしても、

リピーターにはなりにくいものと考えられます。

 

私自身、地場産業に従事しながら言うのも何なのですが、

斜陽といわれる地場産業は開発構想からは除外し、

別の魅力ある(大阪や横浜が進めるIR構想)ものをコアに計画すべきと。

また、福井駅周辺では、

高度医療の集積地として海外からの患者を受け入れやすい環境整備に取り組むのも

一考ではないかと考えます。

 

ただ、このままでは確実にストロー化現象で、

人口の流出・消費の流出は更に加速し、

経済効果どころか経済の消失になりかねないものと危惧します。

時間がない…

お断りの常套句に〝時間がない〟とおっしゃる方がおります。

言葉の意味からすれば、スケジュールがいっぱいで、

予定を入れる時間帯も無いほど忙しい…

そう言う意味あいだと思います。

 

でも、時間はみんなに等しく365日24時間あります。

そぅ…時間はあるんです!

 

ですから、本当に伝えるべき言葉は、

時間がないではなく、時間をつくる気がない!と言うべきだと私は思います。

なかには予定がいっぱいで本当に時間がつくれおられると思います。

でも、大概は時間があるなしではなくつくる気がない!

というのが現実ではないでしょうか…。

 

ま、人間関係において〝角が立つ〟言い方は好ましくはありませんが、

意思表示を曖昧にする事で招く誤解は

極力避ける事も必要だと思います。

〝時間がない〟という言葉以外にも…。

いつまで…

年間100,000km。全国を車で飛び回る営業。

〝いつまで続けるんですか…〟

50歳に近づいた頃からでしょうか、

そういった質問を投げかけられるようになったのは…。

 

〝仕事辞めるまで…いや、辞めても走ってるかな…〟

体力的な衰えと年齢的な技術の衰えで

現実問題として65歳ぐらいまでかなぁ…なんて思っておりますが、

そろそろ仕組みを変えなきゃなぁ…って感じる昨今。

 

次のプランが無いわけではないのですが、

いまいち頭の中の整理ができていない…

だから行動に移せていない…それが現実ですね。

 

私にとっての〝いつまで〟は、

いつまで…続けるのかという問題と、

いつまでに…やるのかという

2つの課題を感じております。

雪解けもすすみ・・・

今年の福井の豪雪は久しぶりに大変でした。

3月に入り雪解けもすすみ、ようやく春らしくなってきました・・・。

ただ、雪解けがすすむと今まで見えなかった豪雪の被害が

あちらこちらに表れてきます。

 

弊社の駐車場の建物も倒壊!

 

本日、解体となりますのでその前に記念に・・・(笑)

事前に車は出していた事と画像奥の作業部屋は

幸いにも被害がなく、

被害は駐車場の一部倒壊のみで済み不幸中の幸いでした・・・。

雪の怖さを改めて実感する出来事でした。

 

何事も早め早めの対処が大事ですね。

なんかいい感じ・・・

大阪出張時に時間調整に利用するお客様近くの喫茶店。

大阪ならではのボケとツッコミを入れるマスターに

なんかいい感じで毎回癒されています。

今日もいつもの通り〝トイレ借りま〜す〟と言うと、

〝返してや〜〟とボケられ・・・

 

運んで来られたコーヒーに〝ありがとう〟って言えば、

〟思ってへんやろ〟ってツッコまれ・・・

 

隣の常連に間違いを指摘されれば、

〝穴があったら入れたい・・・〟とボケる。

 

商談前のひと時・・・

商談前にひと息入れられ余裕をもって臨めそうです・・・。

こういう余裕ってホント大切ですよね。

 

仕事効率化の為に

思案する事二ヶ月…

色々と家電メーカーを見て回ったんですが、

なかなか踏ん切りがつかずにズルズルと。

〝ヨシ!〟って事で自分のポケットマネーも叩いてついに買っちゃいました!

iPad Pro 12.9インチ

オマケにキーボードとペンもセットで!

マイクロソフト Surface ProやMacBook Proも捨てがたく…

何度となく大型家電に足を運んでは悩み…

ネットで調べては悩み…

こういう時って貧乏性は決断できずに困りますね…(笑)

という事で、

最後はやっぱり…最初に欲しいと思ったところに落ち着きました。

早速キーボードを叩いて感触を確認…かなりいい感じ!

これで出張先での作業も格段に向上できるものと期待が膨らみます。

過去の事例や画像資料のプレゼンも格段に向上できそう…と、

初めておもちゃを買ってもらった子供のように

ワクワクしております。(笑)

酔ってるからこそ聞ける本音

仕事のお付き合いで

お客様と食事をしたり飲酒をしたりする事、

皆さんも多いのではないでしょうか…。

なぜそんなお付き合いが必要なのか?

いえいえ。別に必要ではありません。

会食したり飲酒する事が得手ではない方は

無理にお付き合いする事は無いと私は思います。

 

ただ、飲食や飲酒を一緒にする事で、

日頃のお付き合いでは見られない一面がみれたり、

ぶっちゃけ本音の会話ができたりと、

酔って聞ける本音や人間性も良いもんだと私は思っております。

要は〝お酒の力を借りて垣根を取り払う〟って感じでしょうかね…。

 

酔わなきゃできないの…?

できない事はないとは思いますが、

お酒で酔うことによって親密度が増すってことが多いのも事実です。

そして、本音を語り合うことによって、

その人の〝人となり〟を知る事もできます。

 

良いことばかり…って事ではないのですが、

それも大切なコミニケーションだと私は思っています。

ま、お酒の力なんか借りなくても、

コミニケーションが取れ、

人となりが知れれば問題なんですけどね…。

 

伝統工芸技術の継承って…

長年培ってきた伝統的な技法や技術。

それはこの業界に従事してきた職人さん達の英知の結晶であり

凄く価値のある尊いものだと思います。

でも、それは誰が引き受けて後世に伝えていくものなのでしょうか?

親から子へ継承するものなのでしょうか…

師匠から弟子に伝承するものなのでしょうか…

教え伝えるかたちはそれぞれでも大切な事は、

その継承者が生計を立てて仕事に従事できる環境が整っているか否かという事じゃないかと。

ひと昔前であれば職人さん達は仕事に打ち込む事で生計を立てる事ができ、

それとともに技術を磨き高める事が出来たのですが、

今ではどうでしょう…

生計を立てる事もままならず、技術を磨き高める余裕も無いのでは。

現に後継者は皆無と言っていいほど激減し、

志をもって後継した人でも途中から転職してしまう始末…。

そんな状況下で伝統工芸の継承は誰が何の為に行うのか…?

〝武士は食わねど高楊枝〟では継承はできない現実。

これが産地の抱える課題の核心…そぅ、継承の理想と現実なのだと私は思います。

便利さの裏側・・・

世の中は凄いスピードで進化し変化して言っています。

ポケベルから携帯電話にそしてスマホと・・・

通信・伝達手段も簡単にとして早くなるにつれて仕事で要求される質とスピードも

より早くそして丁寧に。そして詳細さを要求されるようになってきております。

〝少々の事は・・・〟〝多少の不便さも・・・〟

そういった妥協的な事は許されない状況にこれからますますなるものと。

 

最近あちこちで目や耳にするAI化の波・・・

今まで人が担ってきた仕事は確実に機械化されてきています。

AI化についてああだこうだ言う方がいますが、

確実に世界は〝便利〟というAI化に変化していっております!

それを否定してみたところで・・・自分の操作能力を年のせいにしてみたところで・・・

なんの意味もありません。

要は〝便利さ〟を自分自身が使いこなす努力をするか否かという事です。

 

便利さの裏側

それは今までとは違う知識や能力を有する事を求められているという事です。

携帯(スマホ)が操作できる・・・なんて事は当たり前で、

実はもっともっとその先の段階をAI化は求めてきている事を

自分自身が早く気がつくべきと。

伝統工芸のAI化

世の中の少子高齢化に伴いAI化や機械化が加速度的にすすむ昨今。

伝統工芸という分野も後継者不足や後継者育成の環境整備が遅れ、

モノづくりの技術継承者の減少が顕著となっております。

人から人へと伝え育てる・・・

伝統工芸や文化の継承の観点からすれば理想だとは思うのですが、

現実問題課題山積というのが現状です。

私的には〝技術をAI化して機械的・データー的に継承する〟事を

考えるべきではないかと考えております。

〝それでは継承したことにならない・・・〟を否定されるかもしれませんが、

技術のノウハウや経験値をデーターベース化する事で、

より職人としての育成が合理的になされるのではないかと・・・

 

〝師従して技術を学び習得する〟

そこには人としての行儀や思考も教わるという事も確かにあると思います。

ただ、弟子として雇い養い育てるだけの

環境や金銭的余裕や仕事の量がないという現実も直視しなければなりません。

世の中が大きく変わる中で、

伝統工芸にこれから十字しようとする人達の育成方法も

大きく変える必要があるものと私は考えます。