忘れない努力ではなく工夫を・・・

仕事をしていたり日常生活をしていると

頼まれ事を忘れてトラブったり困った経験をされた事があると思います。

 

〝忘れない努力をしろ!〟と叱責しても治らない。

 

当然です!

人間ってもともと物忘れをする生き物なんですから・・・

じゃどうすれば、

〝忘れない努力ではなく工夫をすべき〟と私は思っております。

 

言われた事を一覧に書き出し処理したことから消していく。

言われたら直ぐにとりかかる。

など人それぞれやり方はあると思いますが、

結果は言われたことをちゃんとやるか否か。

 

信用できる相手か否か・・・

それは〝頼まれ事をちゃんとやるか否か〟って事です。

成果を出したかどうかの信用信頼は、

先ずやるべきことをやってからの話です。

 

ま、大前提は本人が〝ちゃんとやろう!〟という責任感からなんですけどね・・・。

仕事に対するオンとオフ。

今年は特に長期のお休みが多い年ですね。

本当なら〝ゆっくりと身体を休めて…〟

なんて心の片隅では思いつつも、

結局蓋を開けてみれば、

毎日のように会社に行き、

商談の為に県外にまで出張しておりました。

 

仕事のオンとオフを切り替えて…

確かコマーシャルで

〝やる気スイッチ〟なんて事を言っておりましたが、

そんなに簡単に切り替えができたら

どれだけ楽でしょうね…。

 

ま、正直なところ、

オンとオフの切り替えが上手くできずに

Workaholicになってる方も多いのでは…。

特に小零細の経営者の方は。

 

仕事を忘れ休めるという事は幸せな事です…

反面、

仕事を忘れられるたいう事は

仕事に対する想い入れや責任が薄いとも言えます。

 

〝経営に携わっていないから…〟

 

そぅ…忘れられるか否かはその点に尽きると思います。

特に順風満帆じゃない会社や

課題を抱えている経営者であれば尚更です。

 

ま、Workaholicの私にとっては

仕事が趣味みたいなものですから

仕事しながら遊んでいるような感覚なんですけどね…。

 

〝経営者者なら24時間365日仕事して下さい!〟

 

数年前に尊敬する方から言われた一言

私のやる気スイッチはこの一言で

フルタイムON状態になっちゃったんですけどね!

でもね…経営者ならオフにはせず、

オンの強弱のつけ方を身につけるべきかと

私は思ってるんですけどね…。

約束の重み

日々、色々な方と色々なお約束を致します。

仕事の事で。プライベートな事で。

でも、たまに

お約束に対しルーズな方がおります!

その一番にあげられるのが〝時間〟

 

皆さんはお約束5分前には行くタイプでしょうか…

それとも時間ピッタリに行くタイプでしょうか…

それとも少しぐらいは遅刻しても…そんなタイプでしょうか…

 

お約束の内容や重要度合い。

そしてお約束の相手により使い分けてる…

そんな方もいるかもしれません。

 

でも、チョット考えてみてください!

お約束には必ず相手がおります。

お約束の相手が自分と同じタイプとは限りません。

そう思えば…

時間さえ守れない人間と大事な話をするでしょうか?

言った事ができない人間を信用する事ができるでしょうか?

 

約束に重い軽いはありません!

日頃からの意識と考え方と行動が全てにつながります。

 

言いかえれば、

日頃出来ない事はいつも出来ない!って事です。

 

これぐらい!この約束は!そんな都合のいい考えと判断は、

相手にとってでは〝いい加減な相手〟という

判断材料に過ぎませんから。

忙しいから!って…それ本当?

忙しいから!って、

いつも口癖ように言う人って周りに居ませんか?

注意深くチョット観察してみると、

共通する事が分かってきました…。

それってなに…?

簡単な事です!

処理能力が低いくせにとりかかるのが遅い!

簡単に言うと、

直ぐにかからず後回しにするって事です。

 

直ぐに取りかかれば時間的にも余裕ができ、

それなりに質の高い対処や処理となるのに、

後回しにするものですから、

付け焼き刃的取り繕った処理や対応しかできない…

そして、この言い訳として言うのが

〝忙しかっかたら…〟

 

いやいやいや。

忙しいんじゃなくって段取りが悪いだけでしょ!

忙しいんじゃなくってとりかかるかが遅いだけでしょ!

他人は見てます。

あなたが本当に忙しいのか言い訳に過ぎないのかを…。

 

一生懸命は都合のいい言い訳です。

よく見かけるやり取りで…

一生懸命やりました!
一生懸命はやってます!
そんな言葉を耳にします。
特に、
満足する結果が得られなかった時に限って、
〝一生懸命〟って言葉が出るようです。
あのね…
一生懸命やったかどうかなんて、
誰も分かんないんですよ…。
一生懸命やってるかどうかなんて、
誰も分かんないんですよ…。
要は、結果でしか評価はされないし、
結果が出たからこそ、
〝一生懸命〟やったんだね!って、
評価されるだけなんですよ…。
だから…
一生懸命って言葉は自分が使うんじゃなくって、
相手が評価する為に使う言葉なんです。
本当は!
第一、一生懸命なんて言っても、
人それぞれ一生懸命の度合いは違いますからね。
ま、よくよくやり取りの会話を聞いていると…
結局は、
言い訳に使う便利な言葉!なだけなような
気がします。

忘れない工夫

あなたの周りに

〝忘れっぽいなぁ〜〟と思う人はいませんか?
私の周りにいる〝忘れっぽい〟人には
共通していることが二つあります!
それは…
〝言われた事をすぐやらない〟という事です。
人は忘れる生き物です
〝後からやろう…〟
状況によっては〝今すぐできない〟事も
あると思います。
でも、そんな状況の時にメモをとるなど
〝忘れない工夫をしていない〟という事です。
これは人の能力の問題ではなく
人の取り組み方の問題だと
私は思っております。
能力でも性格でなく取り組み方
だからこそ変えられる否かは
本人の努力次第だと。
変えられないのは本人の怠慢だと。

できもしないのに…

自分の技術がそれほどでもないのに…

自分の技術がまだまだ未熟なのに…

自分の経験値が少ないのに…

知識ばかりが増えてくると、

〝できるんじゃないか!〟って

勘違いを始める。

 

下手くそは下手くそなりに

無心に取り組んで

そこそこ上手くいっていたのに、

できもしないのに事をやろうとする事で

上手くいっていた事も上手くいかなくなる。

 

あれもこれもって欲張らず、

まずは目の前のことをちゃんとやらなきゃ。

あれもこれも欲張ったところで

どうせできないんだから…。

いつもの事しか人はできない。

人目がある時だけ頑張る!

ある状況の時だけ一生懸命!

こんな人周りにいませんか…

 

出張で会社を留守がちな私が

社員に向け常々言っている言葉があります。

〝いつもやっているからこそ常にできる。

いつもやっていない事は急にはできない。

だから、

いかなる場合もやっていないといけない〟

 

チョット抽象的な表現ですが、

常日頃の行動と違う事をいきなりやってみても、

継続もできないし間違いも起こるって事です。

ハッキリ言えば

〝メッキは剥がれる!〟って事です。

 

やるべき事、やらなきゃいけない事、

常日頃からの思考、行動が

自分の能力であり評価であり全てです。

その場を上手く対処したと自分では思っていても、

実は全てが見透かされている事を自覚すべきです。

伝える力

相手に伝える力

 

相手が理解する事を期待するのではなく、

相手が受け入れられるように伝える事。

 

クドクドと説明するとかえって伝わらないですよね・・・

表現が抽象的すぎると何が言いたいか分かんないですよね・・・

話が脱線するとピントがズレちゃいますよね・・・

 

そぅ。伝えるという事は簡潔に明確に・・・

 

そして何より大事な事は、

最終的に何を要求しているかという事をちゃんと伝える事だと思います。

 

分かるだろう・・・

なんで分からないの・・・

それぐらい理解できるやろ・・・

 

いやいやいや。

分かるわけないですから。そんな都合よく!

 

だって、そもそも違う人間なんですから、

伝える人間も伝えられる人間も・・・。

 

伝わらなくてイライラする前に、

伝える力をつける努力をしてみてはいかがでしょうか。

経営者としての5要素

経営者としての5要素

人様にうんちく言えるほどの

人間じゃありませが…

経営者の端くれとして

大事だと思っている5つの要素が私にはあります。

・現状を受け入れる力

当然の事ながら入り口で逃げてしまったら始まらないですよね…

・分析する力

総合的に状況を把握しないと対処できませんよね。

・実行する力

当然、絵に描いた餅とならないよう実行、実践してなんぼです。

・継続する力

物事は簡単にはすすみません!やり続けてやっと結果に結びつくものと。

そして一番大事なのは

・決断する力です。

全ての事案において〝決める〟という事が

とっても大事なことと。

 

わたしが大事と思っている5つの要素。

人それぞれとは思いますが、

〝決める〟という事の大切さは

経営者として共通するのではないでしょうか…