重要度合いと緊急度合いの判断

どのご依頼も重要で緊急です。

当たり前といえば当たり前ですが、

その上で〝あえて優先順位をつける〟事を意識してみては・・・

 

お聴きした要件・物件から順番に・・・

当たり前と言えば当たり前のように聞こえますが、

実は、処理側の事務的で安直な判断基準でしかありません。

というのは、案件には重要性と緊急性があります。

それを〝聴いた順番で〟といっていたら、

〝機を逃してしまう〟という結果になる経験は、

誰でも一度は経験しているものと・・・。

 

お聴きした要件・物件から順番に・・・

道理からすればごく当たり前の事ですが、

〝あえて優先順位をつけ〟事にあたる事を

意識してみてはいかがでしょうか・・・

それは反対に、

処理側の処理能力の高さと臨機応変さが

要求されるという事でもありますが・・・

 

お聴きした要件・物件から順番に・・・という言葉は

実は処理側が楽をしている、思考が停止している

と言えるかもしれません。

半歩の忖度

相手のことを考え気をまわす…

程良い気遣いや気をまわす事は、

人間関係においてとても大切な事です。

でも、時として

気を使い過ぎたり、気をまわし過ぎると

マイナスに働く事もあります。

 

そぅ…勝手な言い分ですが、

チョットだけの気遣い。

私はこれぐらいが丁度良いのではないかと

思っております。

別の言い方をするならば、

〝してやったのに!〟って思わない程度。

だって、

して下さいって頼まれた訳じゃないし、

自分が好きでやった事ですから…。

 

ほどほどの気遣い。

人間関係も気遣いも程々がちょうどいい。

 

 

表裏の舞台

人には向き不向きががあります。

表舞台でパフォーマンスが得意な人。

裏方として事務的にキッチリやる人。

そんな二人が両輪としてパートナーを組めた時、

結果って案外容易に出せると私は思っています!

 

表裏一人二役って方もたまにはおられる方思いますが、

それは主にプライベート的な場合が多く、

仕事や組織の中では、

やはり協力・協調関係が成り立っているか否かで

成果も大きく変わってくると思います。

 

一見すると表舞台の方が大切に思われるのですが、

私自身は裏方の存在がとても大切だと考えています。

歳を重ねるにつれ〝表にいることよりも裏方に〟

そんなスタンスや意識になってきました。

建物も基礎があってこそ!って考え・感じでしょうか・・・

 

先ずは自分がすべき仕事・知識・技術をコツコツと取り組む。

そして見えないように、見せないように取り組む。

その意識と姿勢が力となり結果に結びつくものと・・・。

表舞台に立つことが大切なのではなくて、

裏舞台でキラッと光る・・・

そんな立ち位置もいいのではと私は思います。

働き方改革のしわ寄せ

働く環境が大きく変わる中で、

一方で作られた〝ゆとり〟とひきかえに

一方で〝負のしわ寄せ〟をつくる・・・

機械化され計画生産できる

企業や業界はそうでもないのでしょうが、

下請け企業や機械化できない

手工業の産業にとっては、

〝ゆとり〟は生産減や売り上げの減少

そして財務悪化に直結する。

更に、社員さんの休みが増える事により

その実質労働生産の穴埋めとして

経営者の休暇休日は減少する一方・・・。

 

〝過労による自殺・・・〟

社員さんが過労により

自殺すれば社会や会社の責任が騒がれ、

経営者が自殺しても、

能力が無かった!で

片付けられてしまう現実・・・。

 

社員さんに過酷な労働を強いて、

自分はのうのうと・・・

そんな経営者はごく一部だと。

ほとんどの経営者は、

〝ゆとり〟のしわよせの穴埋めの為に、

早朝深夜、休日返上で仕事をしている。

 

経営者もロボットじゃない・・・

いつまでも体力や精神が続くわけがない・・・

もし、経営者が倒れたら。

もし、経営者が過労で自殺したら。

経営・存続すら危うくなってしまう・・・。

 

そんな状況がほんとうに

〝働き方環境改革〟なんだろうか・・・と

疑問に思う事がある。

 

他人から学ぶ・・・

日々仕事や私生活の中で、

他人がやっている事にチョットだけ注視してみると、

案外、〝どうなの?〟っていう行動をしている事に気づきます。

当の本人は良かれと思ってやってるんでしょうが、

他人からみれば〝こうやった方が…〟って思う事も・・・

 

それを言ってもらえれば幸せな事で、

大概は波風立てないように言わないのが普通。

〝人のふり見て我がふり直せ〟の諺のとおり、

言ってもらえないからこそ他人の思考・行動から学ぶ。

 

他人の言動から学ぶ事は、

実際の経験から得られた

〝反面教師〟的学びだと私は思います。

本人の自覚

本人の自覚…

最後はこの一言に集約されます。

何回注意しても、何度同じ事を言われても

できない人っていますよね。

それはできないんじゃなかって、

本人にやろうと言う自覚がないんです。

言い換えれば、

〝何故それをやらなきゃならないか〟

その真意が理解できていないと言う事です。

 

社内において叱責や注意をする時、

私は皆んなの前で、そして後からではなくその場で行います!

それには2つの狙いがあります…

 

一つ目は、一人の失敗事例を他の社員にも周知・共有しもらう事。

他の人が見ている前で叱責すれば、私も相手も、

第三者の目にさらされている事で、

理路整然と冷静に注意する事ができると考えているからです。

二つ目は、〝鉄は熱いうちに打て〟という事です。

〝喉元過ぎれば…〟の例え通り、時間が経過すれば、

失敗の責任感も薄れ反省の謙虚さも無くなってきます。

それは注意する方も同じまで、

注意叱責するポイントもずれてしまうという考えかたからです。

 

注意や叱責のやり方や考え方は人それぞれ…

人が人を注意するという事は本当に難しい事です。

注意された事や失敗の経験を生かすも殺すも、

最後は本人の自覚なんだろうと私は思います。

原点回帰は後退ではありません・・・

ああやったら…こうやったら…

いろんなやり方や考え方を試してみますが、

結局原点回帰してしまうことってありませんか?

効率性、効果性を求め試行錯誤する事は大事な事です!

でも、今までやってきた事にも理がある事を理解する…

そぅ、基本となる部分は変えない事を念頭において改善しないと、

変える事が目的になってしまうと、

今まで上手くいっていたことまでも

ギクシャクしてしまう。

目的は不都合な部分の改善であり、

現状よりより良い効率性の向上!

変えることが目的ではない事を念頭におくべき。

 

迷ったり、目的・目標を見失った時は、

まず原点回帰して〝なぜ始めたのか…何を変えようとしたのか…〟を

再検証するべきだと私は思います。

 

原点回帰は後退ではなく見直しですから…。

自分の会社の一番の強みは…

自分の会社の

一番のセールスポイントはなんでしょうか…

そぅ問われた時にすぐに答えることができますか?

 

技術力、知識力、企画力、営業力、デザイン力、

対応力、レスポンス…

なんでもいいんです!

大事な事はそのセールスポイントを

深掘りしているか否かという事。

誰にも負けない!という自負がある事だと!

これは会社に限らず個人にも当てはまるものと・・・。

 

広く浅くもバランスの観点からすれば大事ですが、

AI化していくこれからの世の中〝これだけは!〟という強みは

絶対に必要な事だと私は思います。

だいたいの知識や情報は

瞬時にネットで検索出来てしまう時代なんですから。

 

オールラウンドプレイヤーは便利ですが、

〝ここぞ!〟という時の切り札にはなれません!

〝ここぞ!〟で必要とされる会社づくりと人づくり…

皆さんの会社には〝ここぞ!〟はありますか?

頼むと頼るは似て非なるものです

合理的そして迅速に物事をすすめる為に、

仕事の一部を他人に頼む事と、

仕事を丸投げして自分の仕事を

他人に代行して貰う為に頼る事は

全く違います!

 

〝そんなんどっちも一緒な事や!〟

確かに他人に依頼をするという事からすれば同じです

ただ、

頼む事と頼る事の大きな違いは、

〝すべての責は自分にある!〟

という点の覚悟の問題ではないかと…

 

時に頼り依頼した事案でトラブルが生じた時、

その責任までも依頼された人のせいにする…

確かに失敗したのはその人かもしれません。

でも、頼った方にも責任は大いにあると私は思います。

 

後になって文句を言う…

だったら頼らず自分がやればいい!

そんな事を思うと、

頼むのと頼るのは似て非なるものだと私は思います。

 

雇用環境改善は会社の大事なポイントに

求人条件・雇用環境が大きく変化していく中で、

〝求人しても応募がない!〟というのは大問題です。

それは・・・求職者の要求と会社の雇用条件・雇用環境が

ミスマッチングしているという事です。

 

安易に休みを増やせばいい・・・

安易に給与を引き上げればいい・・・

そういう事だけじゃないと私は思います。

 

そんな売り手市場の〝今〟を知って、

社内の雇用環境づくりに取り組んでいかなければなりません。

明日から一気に変える事ができない事だけに、

中長期的に変化・改善をしていく事は、

企業継続の重要ポイントだと私は思います。

 

外国人労働者の売れ入れ・働き方関連法に基づく罰則強化

残業規制に有給取得と〝雇用〟を取り巻く環境は大きく変化する中で、

会社の改善改革の遅れは会社継続の命取りになりかねません。